ニュージーランドでインフルエンザにかかった

ニュージーランドのバックパッカーと呼ばれる旅人の安宿を利用していた時の思い出です。

私はワーキングホリデーを利用してニュージーランドに渡航しました。あまりお金の持ち合わせも無いまま現地に行き、安く寝泊りできるところを探した結果、とあるバックパッカーを見つけて利用していました。

そのバックパッカーは語学学校からも近く、日本人がオーナーということもあって、安心して利用できました。

そのバックパッカーで知り合ったのがアイルランド人、ドイツ人、アメリカ人、韓国人、フランス人、カナダ人でした。

学校から帰ると、大体彼らも帰宅していて共同リビングでまったりしていました。毎日毎日顔を合わせる内に次第に打ち解けていきました。この時、英語が堪能でなくてもなんとかなるもんだなと感じたものです。

しかし、ある時私はまさかのインフルエンザにかかってしまいました。凄まじい高熱と吐き気、頭痛に立ち上がることができず部屋に常備していた水も底を付き、こんな狭い部屋のしかもニュージーランドの安宿で死ぬことになるのかと思ったことを未だに鮮明に覚えています。

軽く気を失った後、かなり汗をかいたこともあり、フラフラしながらも立ち上がることができ、共同リビングへと足を運びました。とにかく水が飲みたかった。

リビングにはいつものメンバーがいて、中でも仲良くしていたアイルランド人がパジャマ姿の俺を見るなり近寄ってきて、心配してくれました。あの時の優しさは忘れない。

韓国人の女の子は、ビタミン取らないとだめだよ、なんて言いながら私にトマトケチャップを渡してきました。あれは本気だったのか冗談だったのか、未だに分かりません。いい思い出です。