渋谷のスターバックスでの出会い

私は英語が好きで、大学も英文科を専攻していました。
しかし、社会人になってから職場で外国の方と交流する機会は滅多になく、
英語力の衰えを感じていました。

知り合いの友人は、英語力をつける為に外国人のルームメイトを見つけて
英語力を身に付けました。
かと言って危険性もあるので私はそんな行動を取る勇気も持てず、
日常生活の中で何とか知り合えないかな?と思いながら過ごしていました。

そんな時、2年程前の話になりますが、私は渋谷で一人買い物をしていて、
帰りにスクランブル交差点前のスターバックスに寄って
温かいコーヒーを注文しました。

この店舗はいつも混んでおり、分かってはいましたが、
この日もスタンディング席で一人お茶をしていました。

すると金髪の少し年上に見える外国人の女性がやってきて、
空席が見つからず店内を歩き回っていて、一瞬目が合ってしまいました。

スタンディング席ではありますが、
もう一人がコーヒーカップを置く事は出来るスペースです。
私は「どうぞ。」の意味を込めてニコっと笑いかけました。

女性は嬉しそうに近付いてきました。
英語で「合席してもいいですか?」と訊かれ、「もちろんどうぞ。」と答えました。

見知らぬ者同士の気まずい沈黙が流れます。
何か話しかけようかな、と思った瞬間、女性の方から話しかけてきました。
そこから私達の長い会話が始まりました。

女性はカナダからの留学生でした。
日本語は殆ど話せないので英語だけでの会話でしたが、
久しぶりに英語を使えて、
また意外に意思疎通が出来たので嬉しく思いました。

私達はすっかり意気投合していました。
気付いた時は終電ギリギリになっており、コ
ーヒーはとっくになくなっていました。
私達は連絡先を交換し、その後も会う約束もしました。
こんな出会いもあるんだな、と嬉しい経験でした。