日本食を作って国際交流

肉じゃがを作ると外人に喜ばれました外国人と交流するにあたって、面白いな、と思うのは食文化です。
学生の頃はホームステイマニアで、
たくさんの国でホームステイを体験しました。
ホームステイで行った国はアメリカ、イギリス、
ニュージーランド、イタリア、トルコです。

何処へ行っても、その国のお母さんの料理を頂くので、
やっぱりお返しに日本食で感謝の気持ちを伝えたいと思い、料理をしました。

外国人の思う日本食は寿司、天ぷらでしょう。
さすがに寿司はカルフォルニア巻や河童巻きは出来てもお魚では出来ません。
母から教えて貰った太巻きでお花の模様やパンダの模様にするのは
味云々よりも見た目にこだわる日本食文化を伝えるのに良かったです。
酢飯が嫌だって言う人も結構いましたが、見た目で喜んで貰えました。

定番の肉じゃがは、味は喜んで貰える事が多かったです。
アメリカ人のホストファミリーは、「肉じゃが」と言ったら
「ミックジャガー?!」と返され大笑いしました。
肉じゃがは、作り方を説明した時に、
どこの国の人もお砂糖を入れると言うと気持ち悪がられました。

他の国では、お料理にお砂糖は使わないので、
受け入れられない人が多いです。
一度それを学んでからは、説明する時に
肉じゃがだけでなく他のも、お砂糖と言うのをやめました。

日本では色んな料理を食べられるので、
自分が抵抗あるものはあまりありませんが
外国人の方にとって、日本食は珍しいもののようです。
また、そこから会話が生まれて、食文化の交流も面白かったです。

お国訛りの英語の愛嬌
多種多様、様々な面白い世界の名前