ジャマイカ人の露天商との交流で知った世界

ジャマイカ人の露天商との交流で知った世界

まだ若い学生で、世間知らずだった頃の話です。

その頃、英語に熱中していて英会話を勉強していた私は、とにかく外国人と知り合いになって話をしたくて、たまりませんでした。

街で電車の切符を買えずに困っている外国人がいれば声をかけ、道に迷っている外国人がいれば道案内をし、電車で隣に外国人が座っていれば話し掛け、意気投合すればそのまま街を案内する・・・という風に、これが国際交流だとばかりに外国人に声をかけまくっていたのです。

 

ある日、大阪梅田の路上で、アクセサリーやぬいぐるみを露店で売っている外国人男性ふたりに話しかけました。

アクセサリーを物色しながら、
「どこから来たの」
「日本にはどれくらいいるの」
「どうして日本に来たの」
と矢継ぎ早に質問していると、ふたりのうちの一人のイタリア人男性が怒り始めたのです。

 

「なぜそんなことを答えないといけないのか。買わないのなら、どこかに行ってくれ」と。

それまでは誰とでもフレンドリーに友達になれると思っていた当時の私は、ひるむどころか

「どうしてそんなことで怒るのか」
と言い返し、もうひとりのジャマイカ人男性がなだめに入って、その場はおさまりました。

 

それからは、そのジャマイカ人男性と少し話をし、イタリア人男性も、さっきは怒りすぎたと歩み寄ってきて、私も不躾だったと反省し、おわびにアクセサリーを買い、以来、露店の前を通りかかれば言葉を交わすようになりました。

毎週のように梅田の街に出ていたので、ときどき差し入れに缶ジュースなどを持って行って、露店の横に座ってジャマイカの話を聞いたり、一緒に太鼓を叩いたりしていました。

 

ある日、そろそろ日が暮れる頃に、いつものように差し入れを持って訪ねたときのことです。

ひとしきりおしゃべりをして、トイレに行きたくなった私は
「お手洗い行ってくるわ。ええと、ここから一番近いトイレはどこだったかな」と立ち上がりました。

私が
「あ、あそこにあったよね」
と思い出したのと、ジャマイカ人の彼が
「案内しようか」
と言ったのがほぼ同時だったと思います。

彼は、突然火のついたように怒り出したのです。
「なぜ、さっきはトイレはどこかと聞いたのに、案内しようと言ったら知っていると言うんだ。嘘だろう。自分がトイレに連れ込んで強盗でもするかと疑っているのか」と。

私がいくら、独り言の一部としてどこだったかなと言っただけで、本当にトイレの場所を思い出しただけだと言っても、興奮しきった彼は全く聞いてくれず、
「帰れ!!」と怒鳴られました。

わけがわからず、私も腹がたったのですぐにその場を後にしました。

 

それから数ヶ月して、偶然街で再会したときには誤解が解けて仲直りをしたのですが、その数日後に彼は、父親が病気だからとジャマイカに帰っていきました。

今考えると、自分はなんて世間知らずで軽率だったのだろうかと思います。

人にはそれぞれの事情があるのだから、外国人だからとか国際交流だからと、初対面の人に根掘り葉掘り個人的なことを尋ねてよいことにはなりませんし、世の中にはいろんな人がいるのに、すぐに友達だと勝手に思ってしまうのが、今にして思うと自分でも危なっかしいです。

ジャマイカ人の彼も言っていました。
「本当の友達は、苦労と寝食を共にした人間だけだと思ってる。だから、君とはこうして話はするけれど、友達にはなれてないんだよ」

 

あれから何十年も経ち、私もそれなりに色々な経験をしましたが、若い日の危なっかしい思い出として、今でも強烈に覚えている出来事です。

 

当たり前のことですが、外国人と一言で言っても、そのバックグラウンドは様々です。

海外に頻繁に出るようになり、日本人はとてもお人好しで優しい人種だと感じるようになりました。

相手にも日本人の感覚を求めて接していると、傷つくことや悲しくなることもたくさんあります。

何人であっても、相手をよく見て、ゆっくりと関係を築くことが大事だと痛切に思います。

writer: 元世間知らず 47歳 女性


多くの英国、米国の教師達のおかげで英語が上達しました。

多くの英国人、アメリカ人の講師たちに恵まれた

通っていた大学に外国人が沢山おり、特にイギリス人、アメリカ人と頻繁に付き合いました。英語やほかの外国語の実習は外国人の先生が担当するので、嫌でも親密な付き合いになります。

最初にお世話になったのはイギリス人の講師でした。少し日本語ができたようですが、とにかく堅い人物で、何度か無断欠席をしたところ、「もう私のクラスに来るな」と言い渡されました。

講師の部屋に行って継続できるようにお願いしたのですが、無断欠席は無断欠席だと言われ、追い返されました。

英語の授業も何種類かあり、次はベトナム戦争帰りのアメリカ人の講師の授業に出席しました。とにかく明るく、「戦争で失った青春を日本で取り戻すんだ!」といつも言っていました。

私もそのクラスではかなりできた方だったので、すぐに仲良くなり、2,3年お世話になりました。その講師も私も大学に自転車で通っており、顔を合わせるたびに挨拶と短い会話を交わしていました。

日本人の奥さんがおり、「昨夜は一人で2時間も、ビールを片手に野球中継を見ていた。こんなことができるのはアメリカ人ぐらいだ」というような発言が目立ちました。

他にも二人ほど「アメリカ人」がおり、一人は禿げ頭の大男で、文学者でした。どう見てもアメリカの暴走族のような風貌なのですが、かなり神経質な人で、教室の外で掃除のおばちゃんが物音を立てていると、「うるさいから後でやってくれ」と抗議するような人でした。

ちなみに卒業論文は英語で書くのですが、この先生が見直しをしてくれて、まるで息子の宿題を見る父親のような眼差しだったのを覚えています。

もう一人はもっと神経質な文学の講師で、未婚主義者だったのですが、学生の一人にしつこく言い寄られてしぶしぶ結婚したそうです。

なんでも人混み恐怖症だとかで、電車に乗れないので車で通勤されていました。よく「英語の勉強に辞書はいらない。辞書なんか窓から投げ捨てろ」と仰っていました。

誰も捨てませんでしたが、言葉の枝葉末節にわたって解説していて、文法に合わない言い方をすると即座に訂正されました。

「これで英語恐怖症になる人もいるんじゃないのか」とも思いました。
こういう環境で仕込まれたので、その後は語学で困ったことはあまりありません。


日本語の教材を作ってカセットテープに録音しました。

英国人銀行員の日本語教師体験

若い頃、日本語教師のグループがあり、私もそこに所属していたことがありました。
まだ、外国人に日本語教育が始まった頃の草分け的グループで、当時の事務所は、麻布にありました。
麻布と言っても、木造の小さなアパートの小さい和室。そこにこたつがあって、何とも暖かい感じの事務所でした。

私は、そこで銀行勤めをしている英国人を紹介され、マンションを訪問して家庭教師的に日本語を教えるという仕事をしていました。
この英国人のマンションは、当時四谷麹町にあり日本テレビを通り越して、そのマンションに通ったものでした。

当時、日本語教師として、初めて英国人の男性を担当したのですが、日本語講師という仕事自体も現在のように組織化されていなくて、また、教材も的確なテキストも少なく、どちらかと言えば「これは本です。」的な教え方をする教材が多く、音を利用したり、絵を利用したり、会話体で教えるようなものがなかった頃のことです。

私も、その英国人男性も「これは本です。」的なレッスンには関心はなく、彼ももっとフレキシブルな設定での日本語会話を望んでいました。その英国人は「ここは寿司バーだ。ここでの日本語会話をしよう。」とか面白い設定を考えてくれたりしましたので、私もできるだけ立体的なレッスンをするように心がけました。

そうした中で、忘れられない思い出があります。
私が教えていた英国人は、銀行に勤めていましたが、多忙でなかなかレッスンが受けられなかったため、暇な折に聞いてもらえるように、カセットテープに日本語と英語会話を吹き込んで自家製の生の日本語会話テープを造りました。

そして、それを「あとで聞いてください。」とその英国人に渡しました。ところが、茶目っ気のある彼は「今、聞いてみたい。」と言いだし、それをステレオにかけました。
彼のステレオは、当時珍しかった音量の素晴らしい4チャンネルステレオでした。その素晴らしいステレオの四方八方から、私の声が響き渡るその恥ずかしさは、穴があったら入りたいような心境でした。

音量が余りに素晴らしいので、部屋中が私の声で満ち溢れ、響き渡りました。英国人は、私の英語の発音はきれいだと褒めてはくれましたが、いたたまれない恥ずかしさと、けれど、一方、高品質のステレオから響きわたる私の英語と日本語は、そう悪くないではないかと若干の快感めいたものも感じたのでした。

結局、同氏は銀行業務が多忙を極め、とうとう日本語のレッスンは続けられなくなりました。一年程経って、この日本語グループは寄付を募り法人になり、表通りに出て近くのビルに転居しました。何となく入所当初の素朴な暖かみは感じられなくなり、同時に東京の郊外から通っていた私も、遠い距離に疲れてしまい、この英国の男性が退会したのをキッカケに、私もグループを辞めてしまいました。

時折、その時のことを思い出し、その英国人は、その後、私のテープを少しは聞いてくれたのだろうかと思うこともあります。